地獄蒸し
同窓会の準備委員会が?8月に行われました。
我らが委員長はとても熱心な人
いろいろな事を考えてくれます。

地獄蒸しで同窓会をしてはと・・・
別府ならではアイデァです。
温泉の噴き出す蒸気で食材を蒸していただきます。
温泉卵は結構有名です。

夏の準備委員会に参加できなかった友人が東京から
地獄蒸しを食べたい一心にやって来ました。

大黒屋は設備を貸してくれる旅館です。
c0025167_22205269.jpg


曇り空のちょっと危ないお天気でしたが日ごろの行いがいいのか
雨も姦し私たちが恐れたのか降らずじまい

新鮮なエビ、牡蠣、さざえ、豚肉のブロック、卵
キャベツ、アスパラ、エノキ、しいたけ等

c0025167_23483870.jpg



高熱の蒸気で5分から10分で蒸しあがります。


c0025167_22233582.jpg



c0025167_2233735.jpg



c0025167_2224341.jpg


カボス、お塩であっさり味付け
いくらでも食べることが出来ます。
味が凝縮されなんとも言えない美味しさ

まさか購入した食材すべてを食べきると思っていませんでしたが
すべて胃袋におさまりました。
こんなに食べれるのだと自信を皆もったようです。??

体にも胃袋にも優しい、しかも自然の熱を利用したエコ
これからちょくちょく利用したいと思います。
東京組は満足げに飛行機に乗って帰って行きました。
by chappy73 | 2008-10-26 23:02 | お出かけ
<< 解禁 秋の催し  Ⅱ >>