外食しました。
1月の半ばから辛い日々を送っていましたが
やっと外食できるまでに良くなって来ました。
3カ月ぶりに人様の作った美味しい物を食べ、マスクを外して人と話をしました。


手作りの食事頑張りましたがやはりワンパターンになっていました。
揚げ物やこってりしたものはほとんどなし。
煮物、焼き物、炒めもの 簡単で手のかからないものばかり

それに毎日必ず肌に良いと言われるトマト、アボガト、
体調管理にバナナ、ヨーグルトも食べ続けましたが・・・


原因不明の珍しい皮膚炎でした。
しかもお口の周りだけ   不思議な皮膚炎でただただ赤くなるだけ
薬は何を飲んでも効かず、やっと新薬の塗り薬があったようで
だんだん赤味が引いて来ました。
半年から2年かかると言われていましたが・・・


町医者に掛かっていましたが全くダメ
国立の医療センターへ行き、細胞検査で病名が分かりました。
医療センターに行った時は結局手遅れ状態
セカンド・オピニオン医大にも行きました。


医療センターの皮膚科の先生  名医です。
私の不安な気持ちを察してくれ実に丁寧に見てくれ、
私のわがままをひとつひとつ怒らず聞いてくれ、穏やかに慰めてくれました。
名医とは患者の気持ちに寄り添う医師だと思います。


内科の先生も実に丁寧に対応してくれました。
医療センターの先生方 看護婦さん
良い意味でのプロフェッショナルばかりです。


これからはどこか悪くなったら時間がかかっても医療センターに行こうと決めました。
そんなことのないよう健康管理に努めます。
by chappy73 | 2012-04-21 23:20 | お母さんのひとりごと
<< 春ですね~~ 小学校還暦同窓会 >>