鏡山コスモス園 その3
コスモス園の出来事も今日で最後です。
私が一番心に残ったものです。
というより忘れられない今でも何とかしたいと思っていることです。

生まれてまだ3ヶ月の可愛い子犬が私たちを出迎えてくれたのです。
とにかく可愛くて可愛くて片手に乗るほどの小さな子でした。
どうかすると転びそうになる姿がたまりません。
お腹がまだ幼児体型でポッコリ膨らんでいるのです。
c0025167_20354836.jpg

椅子の上に乗せられて怖かったのでしょう。
震えていました。
c0025167_1955661.jpg

懐いてくれてこのようにお腹をさすって欲しいとせがみます。
チャッピーと同じですね。
一応女の子ですので写真はここまで・・・
c0025167_204095.jpg
c0025167_2045558.jpg

この石の上に座っていてもフラフラしていて後ろに落っこちそうになるのです。

3匹生まれて女の子だから貰い手がなかったそうです。
こんな可愛い子が行き遅れているなんて???
私もつれて帰りたい気持ちで一杯なんですが
チャッピーには仲間と暮らす事は無理
一匹飼うのも二匹飼うのも同じです。
連れて帰りたくてたまりませんでした。

今日は福岡からこの子をもう一度見に来るそうで
もしかして貰ってくれるかもしれないそうです。
優しい人達がこの子の飼い主になってくれる事を願っています。

新しい飼い主の所にもう行っているのでしょうか?
とても気になります。
by chappy73 | 2005-10-14 20:21 | お母さんのひとりごと
<< 涼しくなって 鏡山コスモス園その2 >>