アレンジティー
世界のお茶を楽しむ会で色んな紅茶を頂いています。
紅茶も本当にいろいろあるんですね。
世界3代銘茶、ダージリンはインド、ウハリはスリランカ、キーマンは中国と・・・
今この会ではダージリン紅茶を学んでいます。
日本のお茶と同じで茶摘みの時期によって味がかなり違うそうです。
もちろん私のような素人にはあまり判りませんが・・・
飲み比べて少し苦味や風味が違うのがやっと判るくらいで・・・

今日はその教室で頂いたアレンジティーを紹介します。
c0025167_18343729.jpg


ティーポットを二つ用意してジュースと紅茶を別々に作ります。
リンゴジュース150CCを暖めて
リンゴのスライスとレモン果汁少々アカシア蜂蜜も適量入れておきます。
(レモンの代わりにカボス、蜂蜜の代わりにグラニュー糖でも・・・)

紅茶4gに熱湯200CCで2分間蒸らします。
茶漉しを使ってリンゴジュースにいっきに入れます。
ティーカップにリンゴとレモンのスライスを浮かせて頂いてください。

紅茶を入れるときの諸注意習いました。
日本のお茶とやはり同じです。
紅茶ポットを暖めて使うこと、紅茶カップも暖めて。
日本茶と違う事はぐらぐらとした熱湯を必ず使うこと、
蒸らし時間を守る事です。
砂時計を使って時間を計ります。

私だけでしょうか?
紅茶は何となく上品な感じで自分まで上品になった気になります。
先生がまた若くて上品で美しい人です。
クッキーやケーキを焼いてお茶に添えてくれました。
次回がまた楽しみです。
by chappy73 | 2005-10-19 19:05 | お母さんのひとりごと
<< 志高湖 涼しくなって >>