気管虚脱
「気管虚脱」  最近になって知ったチャッピーの病名です。
今まで老化による気管が潰れて掛かっているものと思っていました。
24日の夜からひどい咳き込みでまた眠れず苦しんだチャッピー
私も一緒になって苦しみました。
眠れずインターネットで「犬 気管虚脱」といれ検索
するととんでもない病気の説明が出ていました。

犬の難病の一つで処置方法がほとんどないと・・・
咳き込みがひどくなりチアノーゼを起こし
最後は呼吸困難になると・・・
ただ一つの方法はやはり外科治療の手術でした。
c0025167_2022194.jpg

  車で大好きな実相寺まで散歩  短い時間でも嬉しそうでした。


それも東京のアトム動物病院がその手術を積極的に行っているそうです。
そのHPに「気管虚脱」の説明と手術の方法が・・・
哀しくて辛くてその病院へメールを送りました。
なんとチャッピーの病気に無知だった事でしょう。

ご親切にもすぐ返事を頂き私ももし可能性があるのなら
連れて行こうと思いました。
詳しい治療法を教えていただきました。

掛かりつけの病院に院長に相談を申し込み
「気管虚脱」の詳しい説明を初めて聞きました。
またレントゲンを撮りテレビ画像で拡大して調べそれを見ながら・・・
悲しい事です。
チャッピーの虚脱部分が心臓の上で
心臓肥大による気管圧迫だったのです。
今までの説明は喉の方だと聞いていたのですが・・・

調べた治療法に頚部虚脱は95%の成功率らしいのですが
胸部の事は書いていませんでした。

年齢的にも心臓肥大を持っているチャッピーには手術は危険のようです。
辛い事です。
それでももし可能性があるのなら・・・
寿命が縮まってもその生きている間苦しまずに過ごせるのなら・・・
ここ2・3日いろいろ考え悩んでいます。

c0025167_203186.jpg

    彼女の大好きな座卓の下で  ここが一番落ち着くようです。


チャッピーはほとんど横になっています。
安静が第一と言われていますが出たがりの彼女の横になった姿を見ると
本当に辛い事です。
たとえ犬であっても私にとっては家族です。
なんとか短い命を苦しまず穏やかに過ごさせて上げたいと思います。
私が動くと一緒になって動きます。
私もそばにほとんど就いています。
動かねば咳も出ません。

c0025167_2035441.jpg

      よく眠っています。こうしている時は咳もでずグッスリと 

食欲もあり朝夕の散歩できちんと排泄もします。
今までだったらそんなに気にならない姿が今は目に付いて・・・
誰に聞いても13年は長寿と言います。
それでもまだまだ一緒に元気に過ごしていたいと思うのは
人間のわがままでしょうか?

どうぞ皆さんチャッピーを応援して咳が出ないよう祈ってあげてください。
by chappy73 | 2005-11-27 20:14 | お母さんのひとりごと
<< ご心配をお掛けしました。 田ノ浦海浜公園?? >>