頑張れ!! ミィちゃん 猫のインフルエンザ?
のんびり、忙しいお正月休み、
年末から全く運動をしていません。

いよいよ新年初の水泳教室の日
気を引き締めて玄関を出ると植え込みに野良猫ミィちゃんが
瀕死の状態で倒れていました。

元旦の朝マグロのお刺身を2枚食べたきり、会っていません。
三が日姿を見せないので時々あたりを探していました。
きっと前のお姉ちゃんのところ泊まって
遊んでいるのだろうと思っていました。

野良猫なんて呼べないほど皆に可愛がられて丸々太り、
毛艶もよく、綺麗な子です。
それに避妊手術も施されています。
誰がしたのかわかりません。

慌てて近くの動物病院へ連れて行くと、
ひどい風邪を引き体温も35度以下に下がって、危険な状態
脱水状態がひどいと言う。

とにかく体温を38度まで上げ脱水状態を改善しないと危険と言う。
それでも頼りない病院は注射を打っただけ
体温を上げる為暖かい状態にしておくようにと・・・
入院も断られました。

取り合えず、ダンボールにひざ掛けやタオルをいれ
湯たんぽをそばに置いて様子を・・・
ストーブをガンガン焚きましたが鼻が詰まっていて口で呼吸をして
苦しそうです。
息も絶え絶えと言う感じです。

夜まで状態を見ていましたが水さえ受け付けず全く良くなる気配がありません。
前のお姉ちゃんもず~~と来ていて一緒に様子を見ていました。
今度はお姉ちゃんと一緒に違う病院へ

脱水状態が最悪でとにかく水分補給をしないと危険な様子。
レントゲンを撮り、肺に水もたまっていず、血液検査で他の機能もまだ
充分働いていると言う。
それでもとても家で面倒見れる状態ではありません。
入院も受け付けてくれ、早速水分補給の点滴を・・・

一晩たった今日もまだ昨日と同じ状態です。
鼻がつまり、目もあまり開いていません。
それでも点滴を続けたお陰でしょう。
脱水状態はだいぶ良くなったようです。
室内は30度に設定され、赤外線も当ててくれています。

せめて鼻で息が出来るようになって欲しいと祈るばかりです。
チャッピーのつもりで看てあげたいと思います。
頑張れ!!ミィちゃん
by chappy73 | 2007-01-06 20:27 | お母さんのひとりごと
<< ミィちゃん Ⅱ おめでとうございます。 >>